スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日のオードブル

えび好きのお客さまのために御用意した一品。 


Pht0709260145.jpg

スポンサーサイト

はじめまして。

大阪市北区中崎通り商店街の中で確かな腕と舌を持つシェフがおいしい料理とワインでおもてなし。


ダイニング・デ・ラパン


そんなラパンの「美味しい」を綴ります。

ダイニング デ ラパン

DINING de LAPiN


店舗詳細


ご来店の際はお手数ですがお電話ください。


住所


〒530-0023 大阪市北区黒崎町5?17暁ビル2F(中崎通商店街内)


TEL


06-6377-1128


OPEN ランチ平日12:00?14:30オーダーストップ、
 ディナー月曜?木曜&日曜19:00?24:00ラストオーダー23:30金曜&土曜19:00?2:00ラストオーダー1:30

*基本的に休日はございませんが、イベントや急な私用のためにお休みを頂くこともございます。お手数ですが、ご来店の際はお電話いただけると確実です。


交通


大阪市営地下鉄谷町線の「中崎町」駅1番出口を出られますと、目の前に「中崎通商店街」があります。そのまま商店街を徒歩5分ほど直進(東)しますと右手に当店がございます。


ダイニング デ ラパン店舗前です。


店舗前の画像です。階段で2階に上がりますと当店です。階段が少しきゅうですので足元にはお気をつけ下さい。


地図


携帯の方はこち



「ダイニング デ ラパン」公式ブログ(PC・携帯共通)


http://lapin2007.blog120.fc2.com/


帯用のQRコードはこちら

携帯でも「おいしい・・・」

PCでご覧になられている方へ・・・


この「ラパンのおいしい日記」を携帯でもご覧になれます。


下記「QRコード」を、お手持ちの携帯で読み取ってご覧ください。


ラパンのおいしい日記QRコード


QRコードの読み込ませ方・・・


ですが、まずは「QRコードを読み取ることができる機種である」ことが前提です。


ご自身の携帯が対応機種であるかどうか?については、携帯購入時のマニュアルをお読みになるか、最寄の携帯ショップにてQRコードが読み取れるか?直接店員さんにお聞きください。


携帯電話のマニュアルでは「QRコード」もしくは「2次元バーコード」として記載されています。


機種によって若干の差がありますが、基本的には「内臓カメラ」で読み取ると携帯電話がデータを自動的に取り出してくれます。決してカメラで写真をカシャッと撮るわけではありません。カメラレンズから読み取るということです。


なお、QRコードは少しぐらい汚れていても読み取りができます。また読み取りの向きは上下左右と自由です。



対応機種ではなかった場合は、お手数ですが直接この「ラパンのおいしい日記」のURLを入力してアクセスしてください。


「ラパンのおいしい日記」URL(PC/携帯兼用)


http://lapin2007.blog120.fc2.com/



ちなみに、この「ラパンのおいしい日記」のQRコードは、以下の携帯会社に対応しています。


「DoCoMo」


カメラを起動しメニューから、または、アクセサリやツールなどから「バーコードリーダー」を選び読み取ります。


「au」


Brewアプリ「2次元コードリーダー」を起動し読み取ります。


「SoftBank」


メインメニューやVF Live!ボタンから、(ユースフル画面やツール画面に進み)「バーコード」を選択し読み取ります。


なお、対応端末であれば、ウィルコムPHS(Willcom)でも使えます!


読み取れない場合は・・・


QRコードを画面いっぱいに写すより、少し離してでも「ピントを合わせる」ことが大切です。少し携帯とQRコードのの距離を前後させてピント調節をしてみましょう。


それでも読み取れない場合は、お手数ですが直接この「ラパンのおいしい日記」のURLを入力してアクセスしてください。


「ラパンのおいしい日記」URL(PC/携帯兼用)


http://lapin2007.blog120.fc2.com/


プロフィール

うさぎシェフ

Author:うさぎシェフ
大阪市北区中崎通り商店街の中で
確かな腕と舌を持つシェフが
おいしい料理とワインでおもてなし

ダイニング デ ラパン

そんなラパンの「美味しい」を綴ります。

カテゴリー一覧
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。